読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いけやんブログ

ロシアネタ、日々の雑感、読書感想文など。

ハバロフスク2日目(2)

ハバロフスク日本センターを後にして時間は夕方5時半くらい。

 

施設観光へ行くにも遅すぎる時間帯なので、夕陽を見ながら河辺を散歩することにします。

 

f:id:tyoroke:20160925182558j:image

バスに乗ってムラヴィヨフ・アムールスキー通りを西へ下り、

 

f:id:tyoroke:20160925183101j:image

目の前に広がる雄大なアムール川を背景にした教会広場にやってきました。

 

f:id:tyoroke:20160925183510j:image

名前の通り、ロシア正教のカテドラルがあります。私は正教徒ではないですが、外国に来たら異文化・異宗教に触れてみたいと思うのは旅人の常。

 

f:id:tyoroke:20160925183819j:image

入り口に掲げられているのは、イエス・キリストの有名なイコン(ロシア正教の聖像画)。とてもインパクトのある描写で一度見たら忘れられない絵です。

 

f:id:tyoroke:20160925184122j:image

カテドラル内部の写真撮影は禁じられています。この写真は、3日目に訪れた時にたまたまカテドラルの入り口が開いていたので外からパシャリ。

 

カテドラルに入ると、聖職者によるお祈りが行われていました。参拝しているロシア人の正教徒たち、女性はみなスカーフを頭に被り 、男性は普段の服装で祈りを捧げていました。時どき、指で宙に十字を切るひとや、同じ姿勢を保ったままのひと、頭を下げる動作を何度も行なうひとがいました。

お祈りの各部分はサンドイッチのように構成されているようでした。美しい女性の讃美歌の後に、主教の聖書の一節を唱える声がおり重なり、それらは建物内部にこだまして、荘厳で神聖な雰囲気がカテドラル全体を満たしていました。

正教徒ではない私でさえ思わず、主がふたたびこの地上に再臨すると信じてみたくなるほど、お祈りに聴き入っていました。

 

f:id:tyoroke:20160930012654j:image

カテドラルを出て、ネギ坊主型の屋根をしばらく見つめてました。ビザンティンや東方正教会の流れをくむロシア正教の建築物は何度みても見飽きないくらい好きです。

 

それから、

 

f:id:tyoroke:20160930013458j:image

教会広場を突っ切って、階段を降りた先にみえるのは・・・

 

f:id:tyoroke:20160930013621j:image

雄大なアムール川!!!

Хорошо! ハラショー!(すばらしい!)

 

f:id:tyoroke:20160930014902j:image

アムール川クルーズの時間はとうに過ぎていたので、陽の沈むアムール川を尻目に、川のほとりを行き来するロシア人の夫婦・カップル・親子・女の子たち・男たちを観察してました。

 

f:id:tyoroke:20160930024818j:image

 

散歩をしながらふと立ち止まり子に水面の上で小石を跳ねさせる遊びを教える父親。クルーズを終えてベンチに座って手持ち無沙汰にしてる3人の女の子たち、ひとりは自撮りを熱心に撮って何度も出来を確認している。人前で堂々と熱烈なキスを交わし合う若いロシア人カップルの例に洩れずここでもちらほら。ポケモンGOをしているみるからに草食系の青年。川沿いの砂浜をジョギングしてるOL風の女。シベリアハスキーを散歩させている中年のおじさん。川沿いでポップコーンやアイスを売っていて客が来なくて飽きたのかスマホをいじったり仲間とだべっているティーンエイジャー達。爆音でロシア・テクノ?を流しながらロードバイクを走らせる兄ちゃん...。

 

京都の鴨川とハバロフスクアムール川。川の大きさは違えど、同じ自然の川に集う人それぞれの根底にあるものは同じだと思います。川そのものと川が作り出す自然の景色。水の流れる音。そこに集う人々の声。思いおもいの時を過ごしながらなかなか引かない人の波。みんなここが心底好きなんだなあ、と思いました。

 

f:id:tyoroke:20160930020928j:image

航跡雲がいつもより綺麗に見えたアムール川の夕暮れでした。

 

f:id:tyoroke:20160930022450j:image

川で独りでいつまでも黄昏れていても、くそおもしろくないのでシーシャ・カフェバーへ。

 

テキーラショットを一杯所望し、それをクイっと(実際はチビチビ)飲み干し、ブドウ味のシーシャをプカーと吸いながら徐々にトランスモードに入っていく・・・

 

そして・・・

 

f:id:tyoroke:20160930022905j:image

夜のムラヴィヨフ・アムールスキー通りを宿の方角へむかって歩きだす。

 

f:id:tyoroke:20160930023036j:image

とちゅうに怪しげな光線を発しながら潮を吹いてる噴水を発見!

 

 

再び宿にむかって歩いてると、ふと足がとまる。

 

f:id:tyoroke:20160930023236j:image

むむ

 

f:id:tyoroke:20160930023210j:image

なにやら年齢制限がある模様。

 

f:id:tyoroke:20160930025009j:image

次回、要チェックですな。

(といいつつ、インスタの公式アカで中の様子をチェックして寝ました。ふつうに地元のクラブでした。)

 

昼にくらべ、夜に関しては完全に不完全燃焼でありました。寝る。